お肌の間違ったお手入れからシミやくすみに

10年後のお肌、想像できますか?

お肌のシミやくすみといった肌トラブルにはさまざまな原因が考えられますが、毎日のお肌のお手入れによっても違ってきてしまいます。

短い期間ではあまり差はないように思うかもしれませんが、だんだんと年齢を重ねていくにしたがって、肌トラブルに悩まされていきます。

シミやくすみの原因・・・思い当たるのは?

シミやくすみの一番の原因は紫外線だといわれています。

特に、最近では紫外線によって、肌が老化していくことがわかってきいるため、ドラッグストアなどの化粧品売り場を覗いてみると、 UV効果があるファンデーションやクリーム、乳液といった商品がぞくぞくと発売されていることからもわかります。

実は怖い、冬の紫外線

しかし、海水浴に行く場合や、夏場の日差しが照りかえるような日の外出に日焼け止めクリームを塗るのはわかりますが、 なぜ毎日のスキンケアで使うクリームや乳液などにも、配合されているのでしょうか。

実は、紫外線というのは、夏に限らず一年中降り注いでいるのです。

そのため、イメージ的にも夏は暑さと共に紫外線を大量に降り注いでいることを実感できますが、 意外にも冬でも夏と同じくらい、地域によってはそれ以上浴びることになる危険性もあるんです。

たとえば、毎年のように雪が降る地域では、照り返しによって、紫外線が雪に反射して浴びてしまうことがあります。

よくスキー場に行くと、雪焼けになりますが、雪による紫外線の反射によって浴びてしまうのです。

そのため、紫外線対策は夏以外の季節でもしっかりとおこなう必要があるのです。

・・・今でしょ(笑)

毎日しっかりとスキンケアをしているのにシミやくすみに悩んでいるのでしたら、紫外線について考えてみてはいかがでしょうか。

毎日愛用している化粧品にどれか一つUV効果があるものを取り入れてみることでも、肌への影響は違ってきます。

特にシミの場合は、若いころにきちんとケアしてこなかったつけが十年後、二十年後になって顔に出てくることもあるため、若いうちからUVケアをしていくことをおすすめします。